住宅ローン借り換え

8/31(月)住宅ローン 借り換え実行完了!やっぱりメリットありそうです。

スポンサーリンク

 住信SBIネット銀行からの借り換え、先日アップさせて頂きました経過報告の続きです。

 8/31(月)吉日、遂に住宅ローンの借り換えが完了しました!結果ローン金利を約年利1.0%から約0.5%下げることが出来ました。

ここに来て、住信SBIネット銀行のアプリでようやく具体的な長期返済計画が確認できるようになりましたが、実際に金額を見ると、毎月のローンの支払い総額の利息を占める割合が以前の1/2になりました。
当然のことですが、今まで面倒な手続きをいろいろやってきたことを思い出し、少し感動してしまいました。。。。🥺🥺🥺

勝手ながら、借り換えの時系列を振り返ってみました。
もし、現在住宅ローンの借り換えを迷われている方が、大体のスケジュールイメージを把握される際に一つの情報材料にでもしていただければ幸いです。

〜〜〜今までの経過、時系列〜〜〜

2/1(土) 本審査に向けて資料集め開始。

3/10(火) 住信SBIネット銀行の住宅ローン借り換え本審査通過の通知を受ける。
しかし、条件でわずかに残っていた自動車ローンの完済が貸出条件となっていた。
他自動車ローン完済の関係から時間を要し、住宅ローンのキャンペーンが終了して住宅ローン金利優遇がなくなり機会を逸したため一旦ペンディング。
(住宅ローン本審査の有効期間は180日。)

7/1(土)住信SBIネット銀行で住宅ローンキャンペーンを開始。同日に自動車ローン一括前倒し完済申請。締め日の関係から完済実行は翌月となる。

8/7(金)自動車ローン完済完了。同日住信SBIネット銀行から住宅ローン本審査結果に基づく、契約実行を申請。

8/19(水)司法書士の先生と面談。抵当権抹消に関して依頼。

8/26(水)住信SBIネット銀行より契約内容確定の通知を受け取る。

8/31(月)AM9:30頃住信SBIネット銀行から住宅ローン振込実行の通知を受ける。

同PM0:00頃 借り換え先と借り換え元両銀行での貸出→振込→ローン完済を確認。

同PM3:00頃 住信SBIネット銀行のアプリにて住宅ローンの契約内容の更新を確認。
この時点で今後の返済計画の具体的な金額が確認できた。

同PM8:00頃 司法書士への抵当抹消手続きの費用振込を住信SBIネット銀行のアプリから実行。

 以上のように住宅ローンの銀行、一般家庭から見て言わばメインバンクを変更しました。
ですので、これを機会に自動振替や貯蓄などでの銀行との付き合い方も見直してみたいと考えております。
今まで住宅ローンをお借りしていた都銀さんもまだ口座は残りますが、住宅ローン完済により会員ランクが下がる事が予想されますし、ATMの手数料の優遇なども減り不便となる可能性が高いです。
今後は、今回住信SBIネット銀行を有効活用していくか?他の利点のあるネット銀行へ変更していくか?などをよくよく勉強して決定したい考えております。

今回は以上となります。
最後までお読み頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
FUJIHO-YI

FUJIHO-YI

こんにちわ!FUJHOと申します。 埼玉在住、最近はコロナということもあり、コストコやショッピングモールなどの攻略レポート、仕事と生活上の問題、飼い始めたセキセイインコの飼育記録+たまに中国ネタのブログ書いています。 頑張って書いてます。 ご一読頂ければ幸いです。 中国に縁があり2006年5月に〜2012年10月まで中国上海で生活していました。 今も中国と関わる仕事に携わっています。 残念ながら、コロナで国外は行けそうにないですね。 よろしくお願いします。

-住宅ローン借り換え

© 2021 FUJIHO-YI BLOG Powered by AFFINGER5